滋賀県自動車青年会議所

SAJC事業方針

令和3年度 事業方針(自令和3年4月1日~至令和4年3月31日)

『変化を恐れず一歩前へ』

昨今の自動車業界は100年に一度の大変革期を迎えており、その変化を起こしているコネクティッド、自動化、シェアリング、電動化といった技術革新は、クルマの概念を大きく変え、競争の相手や競争のルールも大きく変容しています。また、それに伴って特定整備制度が昨年スタートし、今後もOBD車検やOSS(ワンストップサービス)から繋がる車検証のICカード化など、整備業界においても刻々と変化を続けています。そして、昨年度より猛威を振るっている新型コロナウイルスによる経済への打撃は甚大なものとなっており、更なる消費の低迷も予想されるなか、感染防止対策を徹底しながらもウィズコロナを見据えた事業経営にシフトしていくことも重要です。

これらのような目まぐるしく進化を続ける自動車業界の変化に対応し、お客様に選択していただける事業経営者となるためには、常に新しい情報を仕入れ、時代の変化に敏感に対応していかなければなりません。そして、その糸口をつかむ場所は同業種・同世代の経営者の集まりである自動車青年会議所に他ならないものであり、様々な活動を通した横の繋がりから自己研鑽を図り、変化を恐れず自社事業を発展させていく必要があると考えています。

そこで、本年度の滋賀県自動車青年会議所では『変化を恐れず一歩前へ』を事業方針に掲げ、刻々と変わりゆく制度や新技術、経営環境など、様々な外部環境の変化に対して積極的に学び、情報を共有し合いながら切磋琢磨していけるような活動を行ってまいります。当青年会議所は、自らが動きださなければ己に変化をもたらすことはできません。自身の変化を恐れず一歩前へ進めば、些細なきっかけからも自社の発展に繋がる大きなヒントを見つけることもできます。私たち自身が楽しみをもって学び、会員に入りたいと言っていただけるような魅力ある組織にしていきましょう。また、昨年度のコロナ過での活用からその利便性に気づくことのできたWEB会議システムを利用し100%出席事業を目指していきましょう。全ての会員が参加することが難しくなったこのコロナ過であっても、WEB会議システムを利用したハイブリッド型の事業とすることで、全ての会員が一様に学び、情報を共有することができると考えます。そして、青年会議所会員全体が一丸となって一人でも多くの仲間を増やしていきましょう。仲間が増えることは多種多様な知見を得ることができ、組織を大きくすることは自動車業界に変化をもたらすための基礎となります。

これらの方針をもとに、本年度は下記の3委員会を組織し、当青年会議所活動を展開します。

総務委員会・・・・・・自由闊達かつ効率的な理事会と、品格ある総会の運営。

経営者研修委員会・・・経営者としての資質向上と、積極的な企業活動を促すことができる事業の実施。

会員交流委員会・・・・会員および会員家族間の交流と融和、組織力向上に繋がる事業の実施。

最後になりましたが、先輩諸兄の皆様の更なるご指導・ご鞭撻と、会員の皆様のご協力を切にお願い申し上げ、新任の挨拶とさせていただきます。

令和3年4月
滋賀県自動車青年会議所
第37代理事長 清水 孝弘