滋賀県自動車青年会議所

SAJC事業方針

平成29年度 事業方針(自平成29年4月1日~至平成30年3月31日)

『  挑戦なくして成功なし!

昨今の自動車整備業界は、少子高齢化の進行により新卒者を含めた若年労働者の採用が一層厳しくなり、また急速に進む自動車の整備技術の高度化に向けた対応も同時に求められており、このような厳しい事業環境に対応できる業界となることが求められています。今後も保有台数の大きな増加は望めない中で、限られた自動車ユーザーを多くの整備事業者で競って囲い込む厳しさが続くものと思われます。

このように環境が大きく変わる中で経営していく我々は、失敗を恐れず新しいことに挑戦していく気持ちが大事です。そこで本年度のテーマに『挑戦なくして成功なし!』を掲げました。挑戦をしなければ失敗はありませんが、それは同時に成功のチャンスも手放しています。厳しい現実にあるからこそ何事にも前向きに挑戦することで、ピンチをチャンスに変えることができると思います。そのチャンスをつかむヒントは我々滋賀県自動車青年会議所に必ずあります。当会議所は同業種・同年代の経営者・後継者の集まりであり、様々な環境の中で試行錯誤しながら経営している他府県を含めたメンバーや、多くの経験を積まれたOBと情報を交換することができます。それにより自社の強みや弱みに気付くことができ今後の経営に活かすことができます。さらに、人が成長するためには人との出会いが大切であり、その出会いのチャンスを与えてくれるのが当会議所であります。

今、我々がこのように活動出来ている事は当たり前ではありません。先輩諸兄が長きにわたり築き上げてきた滋賀県自動車青年会議所の歴史と熱き想いが継承され続けてきた過去があるから今があります。我々現役メンバーはその意志を受け継ぎ、さらに発展させ、そして次の世代につなげていく使命があります。

そこで、本年度は『挑戦なくして成功なし!』との想いで、我々メンバーが今考えている本当にやりたいことを枠にとらわれず企画・運営し、その活動を若手の代表として業界に向け発信するために、以下の三委員会で活動してまいります。

「会員拡大委員会」 ・・・業界の活性化を目指し、会員の交流と拡大を図る             「事業委員会」   ・・・今後の経営に役立つ事業に挑戦する                  「総務委員会」   ・・・品格ある総会と自由闊達に議論し規律ある理事会を運営する

これからの時代に備え、今後の自動車業界を担うのは他の誰でもなく、我々の世代であるとの意識をしっかり持ち、傍観者としてではなく当事者として、自らの意志で考え行動し、人として成長することで今後の自動車業界の発展につなげていきましょう。

最後になりましたが、第33代理事長を務めさせていただく事になり、改めて身の引き締まる思いであります。私のできる限り全力で努める所存でございますので、先輩諸兄のさらなるご指導・ご鞭撻と、メンバー各位の挑戦を切にお願い申し上げます。

 

 

平成29年4月
滋賀県自動車青年会議所
第33代理事長 北川 研一